あなたの命を守る災害対策用浄水器

PROBLEM

何が何でも必要な水

大規模な災害で本格的な救援活動が始まるのは、災害発生から約3日後といわれています。
4人家族が1日に必要な飲料水は12ℓ(一人平均3ℓ)。
4人で3日間を凌ぐには、36ℓの飲料水が必要です。 

災害現場では水が足りない…

災害による避難生活において、一番困ったことは水の確保といわれています。
ライフラインの断絶で水道水の供給が停止したとき、本格的な救援活動が始まるまでの応急対策は各団体で行い、最低でも災害直後の3日間は必要となります。
多くの方が利用される施設や病院・学校では水不足はさらに深刻な問題でした。

災害対策用浄水器が大切な命をつなぎます

お気軽にお問い合わせください TEL 058-242-9731

PAGETOP
Copyright © 災害対策用浄水器 All Rights Reserved.